DO THE RIGHT THING

音楽とかうさぎとかお気に入りのうさぎとか

ロックインジャパン2016回顧録(SKY-HI 編)

"SKY-HIです、リハーサルします!"

 

の、サウンドチェックから全力で歌うSKY-HIに、まばらだったPARK STAGEに徐々に人が集まってくるこの感じが、ロックフェスでSKY-HIを観る醍醐味というか(今思えば、だけど)

 

喉の手術から4ヶ月、ここまでのライブで決して本調子ではなさそうなコンディションに少しだけ心配になりながらも、大好きな野外フェスで初めてSKY-HIを観れることが楽しみで仕方なかった2016年8月6日のロックインジャパン

 

毎年のことながらテンションが上がりすぎて飲みすぎた前日のお酒が抜けないまま笑

ド晴天のひたちなかで観たSKY-HI、いつだって今日のライブが最高だけどあの日のあのライブを(個人的には圧倒的ナナイロホリデー)思い出すたびに胸がぎゅっとなって、キラキラ光るSKY-HIとSUPER FLYERSがカッコよくてカッコよくて、こんなに幸せなライブってあるんだって実感したロックインジャパン

 

そういえば、去年のロッキンのあとに放送されたAct A Foolで初めて聞いて知ったんだけど

 

ロッキンに出るために、ロッキングオン編集部へ手紙とそれ用の曲を作って「出させてくれ!」って出演したという2013年、

 

(私はそのライブを生で観ていないから言えることではないんだけど、どんなライブも最高だったに違いないという前提で、だけど)

本人はそのロッキン初登場を敢えて"惨敗"とか"敗北"とか表現していて

 

そして迎えた3年後、バンドとダンサー「SUPER FLYERS」を引き連れて出演した2016年、

 

どんだけドラマチックなの本当に。笑

なんでどこまでも少年漫画の主人公なのかなSKY-HI

 

ナナイロホリデーがあそこまで輝いて見えたのはあのときが初めてで、

カンカン照りの太陽の下、まじでほんとに暑いの、でもたまに吹き抜ける潮風が涼しくて

あの中で聴くナナイロホリデーは最高にキラキラしてて、後日WOWOWで放送された映像を1年後の今も何度も何度も観てる

 

 

(これはどこで見た話かは思い出せないからなんとなくの記憶だけど…)

ロッキンの前日?に「明日も声出なかったらどうしよう?」と石川淳さんに相談したら

「そのときはまたやり直せばいいよ」っていわれたその言葉に吹っ切れて、結果ものすごく良いライブになった

 

っていう後日談がまたSKY-HIらしくて好きです。

そうやって1つずつひっくり返してきた物語がいちいちドラマチックで、

なんで平坦な道を歩いてくれないんだろうとたまに思うのだけど、

だからこそSKY-HIが表現する音楽が輝いてみえるのかもしれないし、だからこそSKY-HIの音楽が大好きなのかなぁと思うの

 

 

フェスで大好きなミュージシャンのライブを観ていつも思うのが、

 

わたしが大好きなこの人たち、くそかっこいいでしょ!羨ましいでしょ!

 

っていう謎の優越感で笑

 

今年のビバラのときも思ったんだけど、

 

もう今年のロッキンでSKY-HI&SUPER FLYERS観ないなんて人、

 

去年までのフェスでサチモス観てこなかった人たちくらい後悔するからね!!!!!!!

ざまぁみろ!!!!!w

 

 

というくらい期待値MAXで心待ちにしてるので

 

 

サチモス終わりでみんなPARK STAGE来たら絶対楽しいから!!!!!!!

 

 

今年はキャパ1万人のPARK STAGE、一番暑くてアツイ時間帯、今年のロッキンも晴天に恵まれたひたちなかで大好きなSKY-HIのライブを観れますように。

 

"必ずまた戻ってくるから It's Alright

この冒険の続きは そこでしよう"

 

 

 

この写真が好き 

f:id:pikopiko99:20170714190836j:image

 

 

 

 

ロッキン2016の内容書いてあったSKY-HIブログ↓

昨日のロッキンジャパンを経て、メジャーデビュー四年目に入り、旅に出ます。 | SKY-HI(日高光啓)オフィシャルブログ「SKY'sTHE LIMIT」Powered by Ameba

 

 

クイックレポート↓

 SKY-HI | ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 | クイックレポート

 

 

 

 

 

っていうブログを1ヶ月くらい下書きに残したままだったから上げておきます 

2017.7.16

ここ数年好きな匂いの話

ここ数年好きな匂いの話

 

・JO MALONE ミモザ&カルダモン コロン

 

ミモザ & カルダモン コロン | ジョー マローン ロンドン

 

夏には重たすぎるジョーマローンのミモザ&カルダモン

 

これシャワージェルとボディクレームも揃えたけどムワっとする匂いが寒い冬にぴったりだけど構わず夏にも付けてた笑

1本使い切ったから新しいの欲しいけどちょっと高いのがたまにキズ

 

 

・JO MALONE ウッドセージ&シーソルト コロン

 

ウッド セージ & シー ソルト コロン | ジョー マローン ロンドン

 

 

これはまさに夏、ちょー夏、海の匂い

 

↑のミモザ&カルダモンと合わせて付けると若干重たい感じが解消されていいかんじ

 

ちょっと潮っぽいから夏以外は付けないけどまじで夏

 

 

 

・ ディメーター ライトコロン(ホワイトムスク)

 

DEMETER®(ディメーター) ライトコロン〈ホワイトムスクの香り〉 | Beauty-Net

 

 

これは1年半くらいずーっと買ってる

 

安いしどこでも売ってるし躊躇しないで使えるやつ

 

ムスクのもわっとしたいやらしさのない柔らかい香りが最高にいい匂い(´-`).。oO

 

ハンドクリームもボディークリームもシャンプーもトリートメントもあるけど、シャンプーとトリートメントは日本では手に入りにくいらしくわたしは韓国から取り寄せたよ(意地)

 

廃盤になりませんように(´-`).。oO(、、、

 

 

PERFUME OIL FACTORY 21(アンバーグリス)

 

The PERFUME OIL FACTORY | Amber gris

 

f:id:pikopiko99:20170702130342j:image

 

 

そして昨日たまたま買ったこれ!!!!!が!!!ドンピシャ!!!!

 

オイルだから8時間くらい持続するし、アルコール入ってる香水独特のアルコール臭しなくてずっと柔らかい匂いして最高

 

1から31まであって、1つ1つにストーリーもあって、こういうの好きな人にはたまらないやつ、、、

 

ちなみに21番は

 

 

土曜日の夕方が好きだ。
仕事が片付いた金曜日の、
すこし華やかな解放感でもなく。
週末の充実を噛みしめる、
日曜日の夕方の寂しさでもなく。
一人でいてもいい、誰かといてもいい、
ゆっくり休んでもいい、街へ出かけてもいい、
そんな、ニュートラルな時間を手にできる
土曜日の夕方が、私は好きだ。

 

 

 

っていう昨日(土曜)の夕方にふらっと買い物をしていて目に付いて買ったわたしには運命としか思えないこのストーリー、、、

 

わたしも土曜の夕方がいちばん好き🤤

 

香水のラストノートのホワイトムスクの柔らかい匂いが好きな人にはたまらない匂いだよ

付けた瞬間からラストノート感

 

手首がいいにおい、、、

 

f:id:pikopiko99:20170702130406j:image

 

 

 

 

 

 

という好きな匂いの話

 

 

 

 

 

 

今週早かったねぇ、の共有

毎日同じ空間で仕事してたり生活してる人同士って

 

"今週早かったよねぇ"

 

の気持ちの共有ができる気がしてる今日この頃(´-`).。oO

 

今週なんか早かったですよねぇ、っていう会話に同意してもらえるのってなんかいいよね

 

時間が過ぎるのが早いと思ってたのは自分だけじゃなかったっていうか

 

なんていうか

 

そういう

 

あるじゃん、そういうの、、、笑

 

毎日なにかしら起こるけど今の環境は心地良いし、(一番年下でドロドロに甘やかされて過保護にされてるけど笑)

 

伸び伸びと仕事させてくれてる周りのひとたちにとてもありがとうと思ってる(´-`).。oO

 

最近、大先輩に言われてうれしかったことは

 

◯◯ちゃんのその果てしない笑顔、ファンモンのジャケ写にしたら売れそう

 

です(ほらまた甘やかされてる)

 

 

さぁ来週もがんばるぞーーーーっ

 

 

f:id:pikopiko99:20170624175227j:image

 

キレートレモンを飲んでおくと夜遊びしても疲れないよ、眠さには勝てないけど確かに疲れないよ

SKY-HI HALL TOUR 2017 -WELIVE- 5/2.3@日本武道館

"夢の中なんかより現実は歓びにあふれてる"

 

ああ、本当だなぁ、それに尽きるなぁ、と、初日新潟からいくつかの地方公演と日本武道館公演を観ることができて感じたツアーでした。

 

まず、OLIVEの中の 「Over the Moon 」を初めて聴いたとき、というか聴く前にSKY-HI氏がTwitterで教えてくれたこと、

 

 

この時はまだ"ハッピー"の本質、ということをよく理解できなくて、誤解を恐れずに言うならば、"本当のハッピー"にこんなにも深い意味を持って生きている日高さんに若干の怖さを覚えた(というよりかは自分のハッピーに対する考えの浅はかさに気付かされた)日でした(笑)

 

そこからOLIVEをこれでもかと聴き込んで迎えた初日新潟公演、

 

ひとりでイヤホンで聴いていたOLIVEの世界観がパァっと広がった瞬間がたまらなくてたまらなくて、

終わっても終わってなくてずっと心に留まって、そのまま別の公演を観て、この日本武道館公演を観て、

 

やっと、

ハッピーの本質とかああ今生きてる、ってこととか

 

"夢の中なんかより現実は歓びに溢れてる"

 

という意味を自分の中で見つけられたかな、と思います。

 

こんなにも素敵なライブを観て、翌日からまた朝起きて仕事して疲れて帰って寝て起きて、、すぐに何でもない日常生活に戻るから、ともするとライブは夢見心地で現実逃避に思えるんだけどそんなことなくて、

このツアーが終わった今もずっとずっと自分の糧になっていて、この先なにかに躓いたときも嬉しいときも、きっと、あの瞬間を思い出すんだろうなぁと思います。

 

ラストに歌った「リインカーネーション

 

「終わりのないモノならないけど

始まるモノもその分あるでしょう」

 

 

本当にその通りで、OLIVEでは1番目のトラックのリインカーネーションがこのツアーでラストである意味、

再生ボタンを押せばいつでも会える、ということ、今、息を吸って生きてるっていうことの意味が強く伝わってくる瞬間で、このツアーで、終わるのは名残惜しいけど一番大好きな瞬間でした。

 

 

(開演前にずっと流れていた往年のスターたちのライブ映像もきっとそういうことで、もうこの世には居ないんだけど、再生ボタンを押して音源を聴くとまたいつでも会える、そこから新しい音楽にひろがっていくこと、とんでもなく幸せだなぁと思いました) 

 

 

 

そしてナナイロホリデーのスルメ感…!

シングルでリリースされたとき、夏にライブやフェスで聴いたとき、アルバムで聴いたとき、どれも素晴らしかったけど

WELIVEでのナナイロホリデーは本当に本当に、よかったぁぁ…

石川淳さんとの話、石川淳さんの大切なギター(しかもオリーブ色!)で歌うことの話、

七色の照明、スクリーンに映るオフショット、1万人弱の手が一斉に左右に揺れるあの感じ、とてもとても幸せで、

 

ナナイロホリデー→アドベンチャー

(この冒険の続きはここでしよう)の流れがOLIVE同様にグッと来すぎてしまいました。

 

もっともっとたくさんあったんだけど書き殴ると支離滅裂になりそう笑

 

 

終始アツすぎる熱量でライブをしてくれたSKY-HI、どの言葉にも歌にもこんなに惹き込まれてしまうのは、本当に命懸けで音楽を届けてくれているということを、SKY-HIの音楽に出会ってからのこの数年間で、実感しているからかなぁ。 

 

 

 

WELIVE、間違いなくわたしの人生の糧になりました。本当にこんなにも何回も観たいと思ったライブはない、ダントツすぎるWELIVEでした。

 

 

f:id:pikopiko99:20170514171122j:image

 

f:id:pikopiko99:20170514171156j:image

 f:id:pikopiko99:20170514190623j:image

f:id:pikopiko99:20170514171247j:image

 

 

 

 

SKY-HI / Silly Game (耳コピ段階)2ヒダカポイント下さいの話

なけなしの命を擦り減らして

 今日もlet's go 言い飽きた世界へ
無言のルールが息苦しくてさ
ああ神様このゲームの説明書を頂戴

 

どこがゴールで 誰がトップで 何が楽しくて(正しくて?)
あいつら笑ってんだ

 

Set me Free また誰かが泣いてるんだ
ちょっとやそっとじゃ壊れない檻の前で
Get Busy ほらここから抜け出すんだ
非常識な不条理を愛せ Silly Game

 

一声かけ綺麗に整列
外れ者を皆で軽蔑
はたから見ればどうにもクレイジー
メーデー メーデー

 

提言となんとも聞こえのいい命令
秩序は暴力とプレイメイト
笑顔の裏側の冷戦もうどうもこうもねぇぜ

 

ジーザス
一触即発 明日は我が身さ
伸るか反るか
人が使う正義はトランプ
裏表隠し押し付けるジョーカー

 

タイショウ売(打?)ってくれよその名誉

ベタなコーディネート
生きて死ぬまで通し稽古
カメラ回せアクション 興味ねぇよ

 

誰が不幸で誰が幸せ
何が嬉しくて どんぐりが背比べ
Set me Free
まだ確かめ合ってるんだ
どっちかこっちか幸せかそうじゃないか
Get Busy
自分の声を探しに行くんだ
ドヤ顔の正義に相対せ Silly Game

 

どこがゴールで 誰がトップで 何が楽しくて
あいつら笑ってんだ

 

Set me Free また誰かが泣いてるんだ
ちょっとやそっとじゃ壊れない檻の前で
Get Busy ほらここから抜け出すんだ
非常識な不条理を愛せ Silly Game

 

 

初解禁から軽く50回くらい聴きましたSilly Game

 

わたしのお耳では今はこれが限界だったのでわかんないとこ教えてください(´-`).。oO

 

 

ACT A FOOLで紹介されてたSilly Gameと一緒に聴くといいよの曲 

 


Prince - Let's Go Crazy: Inside Out Band

 

 

 


Nigel simpkins - Times Encounter

 

 

2番の歌詞は完全にニュース一気読みというか、今やっているあのニュースの話なんじゃないかっていうものが多くて

1番の歌詞は社会的な話をする前に個人的な話が多い、

"人はひとりじゃ生きられない"みたいなのが美談みたいに言われるけれど、

どこに居たって無理やり組織とかグループに属される

昔はよかったとかは絶対に言いたくないけど、子供の頃よかったと思うのは、

一人にならざるを得ない時間っていうのが絶対にあって、(部屋に籠もってMD編集するしかない時間とか)

でも今は24時間誰とでも繋がれるから、そのぶん自分の声を聞いてあげる時間

というのがなかなか無くて、そうなると同調圧力に押しつぶされそうになる

逃げちゃだめとか、大変だけどそれが仕事だからとか残業代出ないけどみんな頑張ってるとか

そういうものに追い詰められるのがすごくツラいじゃん?(意訳)

 

というニュアンスの話でしたACT A FOOL

 


Kanye West - Black Skinhead (Live on SNL)

 

強めの話が多いけど、そういうのを届けるために重みだけじゃないから、

パーティーソングとして届けないと今の時代にはメッセージが届かないと思ったから、

こういう展開にするのが2017年ぽいかなぁと思って作った曲、とのこと

 

 

以下、こういうこと言ってたりするんじゃないだろうかの現時点での解釈

(早く盤で歌詞カード見たい)

 

 

 

"なけなしの命を擦り減らして"

電通の話かなぁここ…

 

"Get Busy ほらここから抜け出すんだ"

戦うだけじゃなくて逃げてもいい、の話かなぁ

 

 

"一声かけ綺麗に整列
外れ者を皆で軽蔑
はたから見ればどうにもクレイジー
メーデー メーデー"

 

北の話?

メーデーは5/1のメーデー

遭難信号の助けてのメーデーメーデー

どっちもあるのかなぁ

 

"秩序は暴力とプレイメイト"

"人が使う正義はトランプ
裏表隠し押し付けるジョーカー"

このへんもうトランプトランプトランプ

(もうちょっとちゃんと勉強しようと思います)

 

"大将(タイショウ?)売(打?)ってくれよその名誉

ベタなコーディネート
生きて死ぬまで通し稽古
カメラ回せアクション 興味ねぇよ"

 

このへんは芸能の話なのかなぁとか

打って、ならミサイルの話なのかなぁとか

生きて死ぬまで通し稽古なら一生本番始まってないじゃんとか

このたいしょうもそもそも大将じゃなくて大賞とかの意味もあるのかな…レコ大の大賞のニュースもあったし(そわそわ)

カメラ回せアクション興味ねぇよ、あたりに最初から決められたアレコレなんてくだらないみたいな意味もあったりするのかな、(にしても話題がギリギリw)

 

"ドヤ顔の正義に相対せ Silly Game"

ここはここと掛かってるのかなぁとか

"非常識な不条理を愛せ Silly Game"

 

 

 

同調圧力の話とかひとりになる時間が減ってる話とか

そうだなあって思うし

たしかに子供の頃はひとりで何にも邪魔されずに

CD流し続けて隠しトラック見つけたり(笑)

ひたすらシルバニアファミリーに没頭してたなぁとか

今はものすごく便利だけど多感な中高生のときにLINEもTwitterも流行ってなくて

本当によかったなんて思ったりなんかして

 

 

 

 

なにはともあれ

 

はやくSKY-HI氏はもちろん色んな人の解釈きいてみたいなぁ

とおもいま!し!た!

 

こうやってああでもないこうでもないってリリックを読み解く楽しさ教えてくれたSKY-HIありがとう…っ

 

 

リリースまであと少し、楽しみながらしばらくこの記事更新し続けようとおもい!ます! 

 

ああ早く歌詞カード欲しい、MVも観たいしライブがブチ上がりすぎるからまた聴きたい、

"踊れる社会派ソング" になんだかミスチル感があってさいこう(スガフェスの余韻が続いてる)

 

秩序のない現代にドロップキック!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VIVA LA ROCK〜スガフェスの SKY-HI

日本武道館公演2days直後にビバラとスガフェスに出演したSKY-HIが激アツすぎて胸がいっぱいなので記憶が鮮明なうちに…!

 

VIVA LA ROCK 2017

 

初ビバラのSKY-HI&SUPER FLYERS

 

毎度お馴染み、もう本番やってるのかと集まってきたお客さんをフロアに急がせてしまうほどの全力リハーサルからそのままの熱量で始まったライブは、まさに"パンチして逃げる"攻め曲の連続で、息つく暇もなくあっという間に汗だくになってさいっこう、

 

FLASH REPORT | VIVA LA ROCK 2017

 

1. Seaside Bound
2. Double Down
3. Rapメドレー
  Turn Up
  Welcome To The Dungeon
  Enter The Dungeon
  Tylant Island
4. Silly Game
5. How Much??
6. メドレー
  Limo
  Countdown
7. スマイルドロップ

 

 

にしても前日に武道館でバラード曲も歌っていた人とは別人のようで、まだ観たことのない引き出しの数が凄まじいのは勿論、武道館2days観た自分ですら、なにこの人たちヤバイってドン引き(勿論良い意味で)したから、きっとSKY-HI初めて観た人たちは攻め曲でパンチだけされて終わって楽しすぎて震えてる、はず(´-`).。oO

 

あとMCで「フェスは演者のモンじゃないよ、観にきてくれたお前らのモンだから!」というニュアンスのことを言ってくれたのがとても嬉しくて

 

(Dragon AshのKjも同じこと言ってたのを聞いたことがあって、「俺らのモンじゃない、お前らのモンだから、高い金払って来てんだから、思いっきり暴れて楽しめよ」って、それを思い出した)

 

ひとり胸熱でした。

 

 

そのステージの直後のVIVA LA J-ROCK ANTHEMS

FLASH REPORT | VIVA LA ROCK 2017

 

SKY-HIとぼくのりりっくのぼうよみの"心のベスト10 メドレー"

今夜はブギーバック天体観測勝手にシンドバッドアイデンティティ~LOSER~おしゃかしゃまDragon Night~そばかす~会いたくて 会いたくて~楽園ベイベー~今夜はブギーバック

っていう個人的にもブチ上がりすぎるメドレーのセットリストで、

1万人以上の人が踊り狂ってるのがたまらなく楽しかったです。選曲も最高だったから是非この経緯を聞きたい、、、、

こういうフェス来てる人たちが大好きなドンピシャすぎる曲をありがとう、、!

SKY-HIとぼくりりがロックのメドレーに楽園ベイベーをぶっ込んでくるあたり最高すぎてヤバイしか言えなかった、、、

罠はまるワンタイムたまんねぇな→今夜はブギーバック

戻るとことか、はぁ、たのしかった

 

 

この2つのステージ(トークライブ含めると3つ)観て、

きっと数年後に"そういえば2017のビバラでSKY-HIのライブ観たよ"(今でいうところの2年前にサチモスのライブ観たよ)の自慢話が出来るはずで、

他のステージ観てた人ざまぁ(ごめんなさい)状態のビバラロックでした。

 

 

アンセムズも楽しかった、ほんとに楽しかったけど、 欲を言うなら、パンパンのフロアでSKY-HIとSUPER FLYERSの最高の音楽で踊るひとたちをいっっちばん後ろから見てニヤニヤしたい、だってさ、こんなに楽しくて幸せな空間、見たら絶対大好きになる(´-`).。oO

 

 

 

 

1日空いて5/6のスガフェスはSUPER FLYERS無しのSKY-HIひとり、kokuaの演奏でした

 

SUGAFES スガフェス!

 

Double Down
19才

スマイルドロップ

の3曲でした。

 

19才の途中でkokuaの即興に乗せてフリースタイルをするSKY-HIの

"見えない敵にマシンガンをぶっ放しに来ました!"

に本当に震えたの、さいっっっこうにかっこよかった、フェスで大好きなミュージシャンを観るときは、会場にいる他の人たちに謎の優越感というか、

わたしたちが好きなこの人、めっちゃかっこいい音楽やってるでしょねぇねぇねぇ!

っていう高揚感に包まれてしあわせ。

 

スガさんの曲はあまり深く聴いたことなかったけど、あれから19才めっちゃ聴いてる…!

 

スマイルドロップでのあんなにたくさんの人の手を観てとてもアガりました。何度でも言うけどさいこうにかっこよかったです。

 

スガさん20周年おめでとう、って何度も言う日高さんがキラキラしてて

スガさんもめっちゃ楽しそうで、

ああなんて幸せな空間だったの、、、

 

どこでだってみんなが初見だったって度肝抜かしにくるSKY-HIやっぱりいろんなフェスで観たい、どんだけアウェーでもひっくり返してくれるとこ観たい、

 

 

武道館公演が通過点って意味がちょっと分かった気がしたの、間違いなく最高だったけどきっともっと素敵なライブを、曲を、届けてくれるんだろうなぁと思うとわくわくしてそわそわして、、、

 

幸せなGW俺マニア期間でした!!!!

 

 

ほんっっっとに全部楽しくて堪らなかった、日高さんも楽しかったかな(´-`).。oO

 

 

思えば、両日ともラストがスマイルドロップだったのがとてもグッときて、スマイルドロップが完成するまでのSKY-HIの葛藤とかを色んな媒体で見たり聞いたりしたから、とても思うことがあったり、、

オーディエンスが手を左右に振る景色はきっとステージから見ても綺麗だったんだろうなぁ、、、

 

また、観たいなぁ、夏はどんな展開を魅せてくれるのかなぁ、

 

 

 

 

 

 

武道館の感想はなんかもうまとまらないから下書きに収めとこう、、、笑

 

 

 

 

 

 

 

 

因果応報

因果応報という言葉があるけど

 

学生時代からすごく思ってたことがあって

 

たまにしか学校に来ないヤンキー系不良はたまに学校に来ては、よく来たと先生に褒められて

満更でもない顔してて

 

小さい頃からおとなしい優等生のあの子はいつも勉強の成績がよくて体育はできないけど優しくて

でもテストで100点を取ることは珍しいことじゃないから当たり前だと周りも思ってて

 

それってなんかモヤっとしてて

 

だってさ、いつも陰で努力してるおとなしいあの子が1番頑張ってるはずなのに

 

いつも周りを巻き込んで面倒な事件を起こしてる人たちは学校来るだけでちやほやされてて

 

大人になって社会貢献だ更生しただ丸くなっただとか我が物顔なのって、それを美談にしてドラマとか映画とか、ほんとやだなぁ

 

(優等生が優等生なまま大人になっても120分の映画は作れないけど)

 

と、思ってるいつも(´-`).。oO

 

とはいえ見てるひとは見てるわけで

誰が悪い何が正しい、誰が正解だとかはないと思うから人生ってやっぱり平等に作られてるのかもしれないとも思う昼下がりでした

 

おわり



追記


でもわたしが見てるのは不良と優等生の一部だけで、その不良にだって誰にもいえない悩みとか葛藤とかあってでもそれは優等生にも言えることで、ほら、こうやって考えてるとループしてしまって

朝まで悩んでた日々は君が思うより早く無駄になる症候群