DO THE RIGHT THING

音楽とかうさぎとかお気に入りのうさぎとか

SKY-HIとぼくのりりっくのぼうよみの"何様"から考える同調圧力の話

SKY-HI氏のベストカタリストに収録されている「何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ」が配信リリースされて聴いてるんだけど、

 

iTunesここから↓

SKY-HI「ベストカタリスト -Special Edition EP-」をApple Musicで

 

同調圧力の話を最近たまに考えることがあって、わたし日本でしか生活したことないから日本人にとやかく言えないし日本好きだし、だけど、特有の"空気を読む"心理って物心ついた頃からすごくて、KY=空気読めない、って言葉があるくらい空気を読むことに対する美学みたいなのはやっぱりあって、

 

"出る杭は打たれる"ことが何かと多かった気がするし、個性を伸ばす教育をされてきたわりには(実際個性伸ばされたのかはわかんないけど)今も出る杭は打たれやすいし、正しい正しくないの判断の前に少数派の異端な考えを持つ人がはみ出しものみたいに映ることは確かにあって無意識のうちに多数派の意見に合わせておいたほうが自分の身のためにいいという知恵を付けてて、

 

それが当たり前だと思いながら生活してきたからか違和感もなかったんだけど、改めて考えると行き過ぎた同調圧力ってめちゃくちゃ気持ち悪くないかと

 

 

そもそも普通とか当たり前とか常識とか上手に生きる、のその上手とかって一体誰が決めて誰が正しいとしてるのかとか考え出すと止まらなくなって

 

日高氏の何様の冒頭で「産声をあげてすぐに迷路」ってリリックがあったけどまじでそれだなぁと

 

小学校くらいの道徳の授業ってあれ少数派の意見は非難の対象になったりして、白熱すればするほど居場所なくなるというか、一体どっちがイジメてるのかわかんなくなったりして、子どもの頃の多数決って純粋であるが故に時に残酷だった気がするの、そういうの経て大人になるんだし、それが良いとか悪いとかではないんだけど。

 

 

何がよくないのか考えたときに、これ言ったらおかしいやつだと思われそうだから黙っておくとか、仕方ないから言うのやめとく、心がモヤっとしてるけど。みたいな、

その心理が働くせいで考えること自体をやめてしまうこととか、いろんな事象に対して無関心になることだと思ってて、

 

あ、でも何も言わないのが正解なときも絶対あるかこれは。(人狼のゲームで学習した笑)

 

 

 

ちょっとずつ居心地の悪いモヤモヤと窮屈さが蓄積していって面倒だからいっそ考えないほうがラク、ってなったらそれがいちばん悲しいなぁと

 

あと、××だからこうでなきゃ、とか、××のくせにそんなこと言うんですか、とか、時には必要なことだし自分だって思ってしまうし、ああそういう自分の常識を人に押し付けちゃいけないねって、思ってはいるんだけど考えすぎるとむずかしいねぇ、でも考えないよりは絶対考えてたほうが数倍いいとおもうの

 

 

 

その考えに至ったのが20代半ばというのがちょっと悔しいけど、あと60年くらいは生きたいからそういうのちゃんと考えていきたいなぁととてもおもった何様ありがとう日高氏ぼくりり氏ありがとう、大好きな音楽は気付きの連続です。

 

 

 

 

 

 

最近読んでる「ホロン革命」っていう本がめちゃくちゃ面白くて(書店に全然なくて取り寄せもできなくてブックオフ行ったらおいてあったよ)

 

 

 

ホロン革命 https://www.amazon.co.jp/dp/4875020910/ref=cm_sw_r_cp_api_jyPQAbSC44J37

 

 

まだ全部読めてないんだけど、

 

"人間はたまたま属した集団のために戦争する"

 

の項とかめちゃくちゃおもしろいの。 

 

即席のニセ心理テストで〇〇的人間と△△的人間にグループ分けして(〇〇も△△もどういう意味か説明せずに)、そしたら他のメンバーに誰がいるかも〇〇と△△が一体何なのかもわかんないくせに自分が属してるグループを誇って他方のグループに不快感を示した

 

みたいなことが書いてあったんだけど、同調圧力とはちょっと違うけど、ああわかるまじでこれ現代に通ずるあれだなと

 

 

 

 

 

 

 

 

SKY-HIとぼくりりの話に戻すと、去年のビバラで見た2人のライブがめちゃくちゃ良かったから、また観たいなぁ今度はオリジナル曲で!!!!!!

 



 

というかあの聴いたことないなぁと思ってたラップ、これだったんかい!!!ずるい!!!というニヤニヤ